保険何でも相談室 > 保険の豆知識



保険料の仕組み


保険料の仕組みについて紹介していきたいと思いますが、保険料というのはどんな仕組みになっているのか理解しておけば自分が保険を選ぶ際にとても役に立つのではないでしょうか。

まず保険料というのは、死亡したり入院したりした発生率と、運用利回りと経費から成り立っています。

まず死亡したり入院したり保険を使うケースが高い場合には保険料が高くなるのは当たり前ですし、年齢が上がれば上がるほど死亡する確率も高いですから死亡保険においては保険料が上がっていきます。

何にでも対象になっている保険とガンや脳卒中といったように何かに絞ってかける保険に比べると対象が絞られた保険の方が安くなるといわれています。

そして保険会社は将来に備えて保険金を運用していますが、利回りがいいと保険料が安くなるのですがもしも利回りが安くなってしまうと保険料は高くついてしまいます。

金利が上がれば保険料が安くなるということです。

そして保険料は保険の販売のための手数料や事務などに費用がかかってしまっていますから、保険会社の中でもインターネット上だけでしか申し込みを受け付けていないような実際の人をおいて販売していない保険会社の場合には、保険料が安くなっていることが多いのです。

投稿者 山崎直子

保険に入る方法


保険に入る方法というのはいろいろな方法があると思います。

あなたはどんな方法で保険に加入しましたか?

一番手軽で簡単な保険の加入方法としてはインターネットやパンフレットから申し込むという方法だと思います。

またコマーシャルを見て保険に加入するという人も中にはいるかもしれませんね。

手軽で簡単で自分ひとりで色々と保険をきめたいという人は、この自分で保険に入る方法がいいかもしれません。

しかし、実際にはこの保険の加入方法は一番ベストな方法とはいえません。

保険に入る方法はほかにも、保険の代理店を通して加入するという方法もありますし、直接保険会社の外交員から加入するという方法もあると思います。

一番ベストな加入方法としてお勧めしたいのは、やはり保険会社の外交員から直接保険に入ることではないでしょうか。

代理店をかむと色々とややこしいこともありますし、保険会社の外交員から直接入ることはとてもいいことだと思います。

自分にぴったりな保険について調べてくれますし、いろいろと相談に乗ってももらえますから手間がかかったり時間はとられるかもしれませんができれば保険にはいる際にはきちんと説明を受けてから入れる方法ではいることをおすすめしたいとおもいます。

投稿者 山崎真実

保険のシュミレーション


保険を選ぶ際にとても便利なのが保険のシュミレーションです。

保険のシュミレーションというのは、インターネットのオンライン上で行うことができるのですが、インターネット上で自分の保険に対しての必要事項を入力するだけその保険についていろいろとシュミレーションすることができるのです。

保険のシュミレーションをしてみると、何歳でどれくらいまで保険がかかっていてどれくらいの保障がされているのかがよくわかります。

たとえば学資保険のシュミレーションをしてみた場合には、何歳の時に祝金がもらえて満期になるといくらくらいの保険金がもらえて、毎月の保険料がいくらなのかということが一度でわかるようになっています。

ですから保険のシュミレーションをしたいと思っている人は一度インターネットのオンライン上でやってみるといいと思います。

色々と資料や見積もりを見てもピンとこないという人でも保険のシュミレーションをやってみれば一目瞭然ですから一目でわかるのではないでしょうか。

保険のシュミレーションを行っている保険会社もありますし、保険についてのサイトでもシュミレーションをすることができますから一度探してみてやってみるといいかもしれませんね。

投稿者 深津絵里
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術