保険何でも相談室 > 保険の豆知識



旅行保険


海外旅行などへ行く際に加入する旅行保険というのがありますが、旅行保険には他にもいろいろな種類があります。

たとえば先ほど紹介した旅行保険で海外へ観光やレジャーで行く人向けの保険としては、現地で治療を受けたりなにかあった場合に保障される海外旅行保険というものがあります。

また、海外留学をするという人の場合には留学保険という保険も用意されています。

こちらは留学中の医療に関することはもちろんのこと盗難やそのほかについても保障されるという保険で留学を考えている人は必ず入っておくと安心の保険です。

それから海外へ仕事で駐在するという人もいると思いますが、駐在員保険というものもあります。

海外で生活するうえで起きるトラブルなどにも対応していますから入っておいた方が安心だと思います。

このように旅行保険といってもレジャーから留学、仕事といった種類を対象にして保険が用意されていますから海外へ行くという人はぜひきちんと保険に加入してから海外へ行った方が何かと安心です。

海外の医療費は日本に比べるととても高いですから万が一の時に備えて海外旅行保険に加入したり留学保険や駐在員保険に加入しておくということは大切なことだと思いますから検討してみましょう。

投稿者 友近由紀子

保険金の受け取り方


保険金の受取についての説明をしたいと思います。

保険金を受け取る際には、まずは保険会社に連絡をして必要書類を送ってもらう形になります。

保険金の請求に必要なものがありますから紹介すると、この請求書と、被保険者の住民票、保険金を受け取る人の戸籍謄本と印鑑証明、そして医師による死亡診断書も必要になりますし、保険証券は必ず必要です。

そして必要な書類を用意して生命保険会社に送ります。

そして保険金を支払えるかどうか支払いの判断が行われます。

ここで支払えると決まったら死亡保険金を受け取ることが可能になるのですが、受け取る方法は色々とあります。

たとえば一時金で受け取るという方法もできますが、年金として少しずつもらうということも可能ですし、据え置いてそのまま保険会社においておくという方法もあります。

その時の経済的な状態や、受取人の判断によって保険金をすぐに受け取るのか、どうするのかを考えた方がいいと思います。

保険金を受け取る流れはこのようになっていますが、もしもわからないことがあった場合には、保険会社にすぐに問い合わせをしてみるといいと思います。

保険会社は請求書を受け取ってからだいたい1週間以内に保険金を支払うことになっています。

投稿者 マダムシンコ 

保険料を抑えるポイント


保険料は少しでも安い方がいいと思っている人は多いと思いますが、保険料を少しでも安くする方法としてはどうすればいいのでしょうか。

まず一つ目としては保険金額を見直す必要があります。

保険金額が高ければその分保険料も高くなることになりますから保険金額が実際にそれほど必要なのかということを考えて保険金額を減らせば保険料も安くなるのではないでしょうか。

死亡保障を見直す方法としては、子どもの年齢に合わせて保障をだんだんと減らしていくというのがいいといわれています。

それから保険料の見直しとしては今入っている保険で必要がない保険があった場合には、その保険を解約するという方法が一つあります。

もしかすると保障内容がかぶっている保険があるかもしれませんから見直してみましょう。

そして保険料を抑える方法としては、新しい保険に入りなおすという方法も一つあります。

今入っている保険を見直してみてもし他にも自分にあった保険があるのであれば保険を乗り換えてみると保険料を抑えられると思いますから保険の見直しをしてみるというのもいいかもしれません。

保険料は何とでも抑えることができますから一度見直しや新しく加入することも検討してみてはいかがでしょうか。

投稿者 中野美奈子  
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術