保険何でも相談室 > 保険の豆知識



保険の特約


保険の特約についてですが、生命保険にはいろいろとメインの契約に特約を付けてもっと保障内容を充実させるという方法がありますがご存知でしょうか?

一つのメインの契約にいろいろと保険の特約をつけることができるのですが、どんな特約があるのか紹介していきたいと思います。

まず一つ目の特約としては入院のための特約があります。

たとえば災害入院特約の場合には災害で入院したときの給付金がもらえるというものががん入院特約といってガンで入院したときだけ給付金がもらえるもの、女性疾病入院特約といって女性特有の病気で入院したときに給付金がもらえるというものもあります。

他にも特約の中には死亡保障をさらに充実させるための特約もあります。

定期保険特約といって、保険期間中に死亡してしまうと死亡保険金がもらえるという保険です。

それから家族定期保険特約といって、家族が保険期間内に死亡した場合には保険金がもらえる特約もありますし、収入保障特約といって保険者が死亡した後に契約の時に決めた満期までは年金として受け取ることができるという特約です。

このほか、高度最新医療特約や、重度障害補償保険特約、介護保障保険特約などいろいろと他にも特約はありますから自分の保険に合わせてつけるといいのではないでしょうか。

投稿者 友近由紀子

貯蓄性の高い保険


貯蓄性の高い保険について紹介したいと思います。

保険によっては全く貯蓄性のない保険も色々とありますが少しでも貯蓄しながらかけられる保険には入れればいいですよね。

たとえば貯蓄できる保険としては老後の生活資金を目的とした個人年金保険があります。

年金を受け取る前に死亡してしまった場合には死亡給付金ももらえるようになっている個人年金保険は貯蓄性が高い保険の一つといえると思います。

そして、他にも貯蓄性が高いといえば子供の保険も言えると思います。

学資保険と呼ばれていますが、学資保険は子供の将来の教育資金のために用意するための保険です。

子供が学校に入ったり満期になると祝金がもらえたり満期保険金がもらえるというタイプの保険で、教育費用に充てることができます。

学資保険の場合には、契約している親が死んでしまったという場合には、保険料の払込が免除になりますが、それ以後の保障や保険金はそのまま支払われるようになっていますし、子ども自身の医療保険としても利用できる保険ですから子供のことを考えた時にはとてもいい保険だと思います。

貯蓄を目的とした保険はこのように色々とありますからただ貯金をするのであれば、保障をつけながらにするとメリットが高いですね。

投稿者 友近由紀子

保険会社の有効活用


保険会社の有効活用について紹介したいと思います。保険会社を有効活用していますか?何のために保険会社があると思っていますか?保険会社は保険に加入するためにあるわけではありません。き多分、保険会社の人に話を聞くというのはかなりめんどうだと思い、何か保険の加入を勧められてきたら面倒だからインターネットから生命保険に入ったり、通販商品で生命保険に入るという人もいると思います。

しかしこのタイミングこそ、保険会社を有効活用することが出来るのです。

保険のスタッフはそれぞれの希望に合わせた保険を作ってくれますし、オーダーメイドで生活設計を出してくれます。

それぞれの家にどの時期にどれくらいお金が必要になるのかということを色々と書面にして表してくれますからではどんな保険が実際に必要になのかという設計をそれぞれの人や家庭ごとに作ってくれます。

これは無料で作ってもらえますから自分にぴったりな保険に入ることができるわけです。

ですから保険会社を有効活用してオーダーメイドでいろいろと設計を作ってもらうことで保険に加入する際に少しでも失敗しないように自分にぴったりの保険に加入できるといいと思いませんか?

普段あまり保険会社の人の話を聞かないという人も話を聞いてみてはいかがでしょうか。

投稿者 友近由紀子
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術