保険何でも相談室 > 保険の豆知識



管掌組合保険


公的医療保険の中には、サラリーマンなどのように民間の企業に勤務している人や、その被扶養者が加入する医療保険があります。

この医療保険は、組合管掌健康保険と政府管掌健康保険の2つに分けることができます。

この2つの医療保険は総称して「職域保険」とも言われています。

まず組合管掌健康保険は、大企業などのサラリーマンが加入する医療保険で、企業が単独か、あるいは数社でグループを作り、健康保険組合を設立して運営しているものです。

この組合は単独企業の場合は社員が700人以上、複数企業の場合は3000人以上で設立可能となります。

これに対して政府管掌保険は、主に中小企業のサラリーマンが加入している医療保険で、組合管掌保険の組合が設立されていない会社に勤務する人や、その被扶養者が加入するものです。

この保険の運営は社会保険庁が行っています。

この保険の具体的な業務としては、適用事務や保険料の徴収、さらに保険給付事務などが挙げられます。

これに対して組合管掌健康保険は職域を中心とする小集団のため、効率的で細やかなサービスの提供が特徴です。

医療費を負担する保険給付事業の他、健康診断を初めとする、レクリエーションや広報活動、保養所等の施設の運営などを行って、被保険者と被扶養者の健康の保持と増進を推進しています。

投稿者 友近由紀子

高い保険と安い保険


保険の中には高い保険もあれば安い保険もあると思いますが保険料が高い保険と安い保険には何か意味があるのでしょうか。

まず保険料が高い保険というのはなぜ保険料が高いのかというと、やはり保険金を支払う可能性があるから高いことになります。

そして保障が大きければ当たり前ですが保険料も高くなっていきますし、保険に加入する期間が長ければ保険料も高くなります。

また保障する範囲が広ければ広いほど保険料が高くなるのは当たり前のことです。

また、高い保険は貯蓄性が高ければ保険料が高くなるので覚えておきましょう。

ではなぜ安い保険があるのかというと、まず内容をよく見ればわかるのですが、安い保険料は保障が少なくなっていると思います。

また保険の期間も短期になっていて更新でその都度保険料の値上がりがあるのではないでしょうか。

保険料が安い保険というのは事故が少ないとか保険の請求をする人が少ないという理由もあると思いますし、貯蓄性が全くなくて掛け捨ての保険も保険料が安いと思います。

保険には高い保険と安い保険がこのように存在していますが理由をしっかりと把握しておけばなぜこんなに高いのかと思うこともなくなると思いますし、安易に安い保険に手を出すこともなくなるのではないでしょうか。

投稿者 友近由紀子

入ってはいけない保険


保険の中には失敗してしまう保険もあります。

入ってはいけない保険について紹介していきたいと思いますが、まず一つ目としては元本保証型の変額年金保険には入ってはいけません。

元本が保証されるから保険に入っても安心だと思っている人が多いと思いますが、保険を資産運用のひとつとして考えている人の場合には元本保証型の保険には入らないようがいいと思います。

そして最近よくコマーシャルでいわれていますが、病気でもはいれる医療保険というものがありますが、これはなぜ入ってはいけないのかというと、もしも本当に病気で他に保険を入ることができないという人の場合には入ってもいいと思いますが、健康なのに年齢的なことを考えて病気でもはいれる保険に入るのは間違っているのは損をしてしまいます。

病気でもはいれる保険での保障は少し貯蓄があれば十分にカバーできるような程度の保障ですからわざわざ、お金を払って掛け捨てで入らなくてもいいくらいの保険だというわけです。

他にも特約がたくさん付きすぎているといった保険も入らない方がいいといわれています。

特約はついていればついているほどいいというものではなくて、やはり自分にあった特約が付けられている保険に入るのが一番だからです。

投稿者 友近由紀子
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術