保険何でも相談室 > 保険の豆知識


【保険の豆知識】 の記事一覧


保険の種類


保険というのは色々と種類があります。

保険の種類について紹介していきたいと思いますが、保険にはまず何に保険をかけるかによって種類が変わってきます。

まず人間にかける保険としては、生命保険、傷害保険、医療保険に介護保険などいろいろと保険があります。

家にかける保険としては火災保険に地震保険などがありますし、自動車保険としては自動保険としては自賠責保険と自動車保険の2種類があります。

このように何に保険をかけるのかによって保険の種類というのは違ってきますから、自分で保険というのは選ぶ必要があるのです。

保険に加入する際のポイントとしては、かけるものにどれだけの保障をつけたいのかということをしっかりと明確にすることが大切なことだと思います。

たとえば生命保険なら死亡保障はどれくらい欲しいのかなどを目安にして選ぶ必要がありますし、医療保険の場合には、入院したときの手当てはいくらくらい必要なのかということを目安にして加入する必要があると思います。

保険の種類は実にいろいろとありますが、安易に考えて加入するのではなくてしっかりと考えたうえで保険に加入するようにしなければいけないのではないでしょうか。

保険の種類もたくさんありますが、内容もそれぞれ違っています。

投稿者 投稿者 白州次郎

保険料


いま私たちが支払っている保険料って本当に色々とありますよね。

社会保険料、国民年金保険料、そして介護保険料に介護保険料などいろいろと保険料を支払っています。

このほかにも、自賠責保険料も必ず加入の義務がありますし、最近導入された後期高齢者医療保険料もあると思います。

保険料の負担がかなり苦しいのですが、申請すれば保険料免除をしてもらうことも可能ですから、どうしても経済的に負担が大きいという人の場合には保険料免除の申請をしてみるといいかもしれません。

このほかにも、保険料といえば自分たちで任意で加入している自動車保険や生命保険、医療保険に学資保険など本当にいろいろな種類の保険料を負担しています。

保険料を負担している額が高いので本当に経済的に苦しいかもしれませんが、保険というのはそもそも将来万が一のことがあった場合の保障に備えるためのものですから、少しでも万が一の時にあわてないようにするためにも、保険料の支払いはきっちりとしておくべきだと思います。

保険料をこれから支払っていくという人は保険料の額を確認して加入漏れや支払い漏れがないようにしなければいけません。

保険料といっても本当にいろいろな種類の保険料がありますから確認が必要です。

投稿者 庄司ゆうこ
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術