保険何でも相談室 > 保険の豆知識



公的保険と私的保険


保険には公的保険と私的保険がありますが、公的保険にはどんな保険があるのかまず紹介していきたいと思います。

まず公的保険の一つ目としては医療保険があります。

そして介護保険もありますね。

年金保険もありますが、年金保険といっても二つ種類があって厚生年金保険もあれば国民年金保険もあります。

そしてその保険に加入していることによって遺族年金や障害年金を受け取ることができるのです。

そして労働保険としては労働者災害補償保険があります。

こちらは何か仕事中にケガなどをした場合に保障してもらえる保険で雇用保険の方は、失業してしまったときに再就職するまでの生活を保障してくれる保険です。

そして私的な保険についてですが、大きく分けると4つに分けることができ、死亡保障は定期保険、終身保険、定期保険特約付き終身保険などがあります。

そして医療保障の中にも医療保険と医療特約がありますし、介護保障には介護保険、そして老後の生活についての保障もありますが、こちらは個人年金保険として加入することができます。

公的保険と私的保険はそれぞれ役割が違っていますからどちらも大切な保険で将来の保障に備えて加入しておく必要がある保険ですから必ず加入しましょう。

投稿者 榮倉奈々

保険選びのポイント


保険を選ぶときのポイントについてですが、保険にはいる際には、まずは何のために保険に加入するのかその目的を明確にした方がいいと思います。

ただ単に保険に入っておけば安心だと思うのではなくて自分が守りたいものや人がいる場合にはその人や物を守るためにはどうすればいいのか、そのことについて考えたうえで保険に加入すれば自分にとってどんな保険が必要なのかということがよくわかるのではないでしょうか。

保険に入る目的が明確になったらそのためには必要な保険金はいくらくらいなのかを計算していきます。

そして具体的に保険のスタイルが明確になると思いますからそこで保険を比較して同じ保障でも少しでもサービスが良くてさらに安いところを探すようにするといいのではないでしょうか。

自分のいまの経済的な状態も考えたうえで保険料が支払っていけるのかも踏まえて保険に加入する必要があります。

将来のための保障に備えるための保険なのに、今の生活を圧迫しすぎてしまっては意味がありませんから将来の保障も考えつつやはり今の生活にあった保険を選ぶ必要があります。

保険を選ぶ際にはよく考えて色々と比較して自分にぴったりの保険を選ぶことが大切なことです。

投稿者 長谷川潤 

保険に入るタイミング


保険にはいるタイミングや保険について考えて見ました。

タイミングは人それぞれ違っていると思いますが、たとえばどんな時に保険について考えるでしょうか。

保険というのはこれから先の未来のことを考えて加入するのですが、保険に一度入ってしまえばそれでいいのではなくて、見直しについても必要になってくる場合もあるのではないでしょうか。

見直しや保険のタイミングというのは、たとえばどんな時があるのか紹介したいと思います。

たとえば今までは親のもとで生活をしていたけど社会人として自立したときに自分でこれからは保険にはいるようになりますし、結婚をすれば保険を見直さなくてはいけません。

また出産して子供が生まれれば家族が増えたことになりますから世帯主は保障を高めにしなければいけませんね。

また住宅ローンを組んだり、家を購入した場合にはそれなりに保険についての見直しも必要になると思いますし、自分の親などを介護しなければいけなくなったときなどにも保険について見直す必要があると思います。

保険にはいるタイミングや見直しというのはこのように人生の変化や人生の節目節目で違ってくるのではないでしょうか。

保険は5年に一回は見直した方がいいといわれていますから、ぜひ保険のタイミングを見計らって加入や見直しをしていきましょう。

投稿者中村ゆり
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術