保険何でも相談室 > 社会保険


【社会保険】 の記事一覧


社会保険庁


社会保険庁のホームページを見たことがありますか?

社会保険庁のホームページではいろいろと社会保険に関しての情報が掲載されていますからとても役に立つと思います。

社会保険庁といえば健康保険や厚生年金などが気になるところですが、先日我が家にも夫あてに社会保険庁からのねんきん特別便が届きました。

社会保険庁ではねんきん特別便を送って、今まで加入していた年金に間違いないかどうかを確認しています。

社会保険庁のミスで国民年金をきちんと支払っていたのにもかかわらず、その支払った形跡が残されていなかったという人もいますからこれはかなり厳しい現実ですよね。

社会保険庁といえば最近大臣も変わってから社会保険庁もかなり改革されたのではないでしょうか。

子供を産んだ際にもらえる社会保険庁からの出産育児一時金も以前は30万円でしたが、今は35万円に増額されていますし、少しずつではありますが国民の要望も社会保険庁では聞いてくれているのではないかと思いますね。

社会保険庁ではいろいろな手続きの申請書などをホームページ上でダウンロードできるようになっていますから何か社会保険庁の制度の手続きで変更などがあった場合にはダウンロードすると手軽でいいかもしれません。

投稿者 小泉 麻耶

社会保険とは


社会保険料を支払うことは義務なのですがここ数年社会保険庁が無駄遣いをしているという情報が流れてちょっと残念ですよね。

私たちが支払っている社会保険料を自分たちのリフレッシュのための旅行やマッサージチェアなどを購入するのに使っているといいますからこれはかなり腹立たしいことだと思います。

社会保険は一度加入すると任意継続でそのまま社会保険の手続きなしにはいり続けることになりますが、それでもやはり無駄遣いをされていると知りながら社会保険料を支払うというのは嫌ですよね。

社会保険では賞与のカットなどもあったようですがそれは当たり前のことだと思います。

社会保険料を滞納している人もいると思います。

社会保険の制度は国民の義務ですから必ず入らなければいけませんが、中には経済的な理由から社会保険料を支払うことができない人もいるようです。

支払うことといえば、病院で出産をした時に、出産費用を病院に支払わずに滞納して退院してくる人が多いようで、そして何食わぬ顔をして社会保険からの出産一時金を受け取っているそうですからそれは何とも悪意に満ち溢れていますよね。

今病院の医療費の踏み倒しと社会保険の出産一時金の着服が増えているようで残念ですよね。

投稿者 水川あさみ 
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術