保険何でも相談室 > 生命保険



生命保険の解約にあたって


生命保険の解約にあたってはまず生命保険会社に電話をして解約の旨を伝えましょう。

そうすると今後の流れについて話をしてくれると思います。

このときに、営業マンに連絡をする人がいるのですが、それでは引き止められるのも無理がありません。

引き止められるのを覚悟で電話をするのならいいのですが、誰もがそれは避けたいことですよね。

その場合には、営業マンに連絡をするのではなくて、直接フリーダイヤルで生命保険会社に問い合わせをするのがいいと思います。

そうすれば解約の手続きは淡々と進みますので、わずらわしいこともありません。

解約返戻金があるという場合には、必要書類などを用意して、その上で指定した口座にお金を振り込んでもらうという形になりますが、解約返戻金がかからないという場合には、解約の連絡をしないで、保険料未払いで権利を失効させるという方法もあります。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識
キャッシングローン知識|美容・コスメで女子力アップ|お肌の悩み解決箱|

生命保険の解約の心得


生命保険を解約するというのはなかなか大変だと言われています。

なぜなら、どうしても営業のスタッフや保険のセールスレディーの人に、生命保険の解約について引き止められることが多いので、やめたいと思っても、説得されたり、なかなか解約させてもらえないということもよくあることだと言われています。

生命保険を解約したいと思っている人の理由は色々とあると思います。

他の生命保険に乗り換えようと思っている人などが多いと思いますが、その場合には、解約をしてから次の保険を探すのではなくて、きちんと新しい先の段取りが整ってから、解約をしなければ、万が一、生命保険に未加入の状態の時期があったという場合、その間に、もしも命にかかわるようなことがあれば、生命保険に加入していない状態になりますので、それは保障が全くない状態ですから危険です。

これから解約をしようと思っている人は、まず解約の手続きを進めるのではなくて、まずは新しい生命保険先の契約を完了させてから解約をしなければいけません。

解約をするという場合には、保険会社のスタッフに解約してもらわないといけないと思っている人もいるかもしれませんが、解約をしてもらうというイメージを持っている人は、そのイメージを捨てて、自分で解約するくらいの勢いでいた方がいいでしょう。

解約をすると決めて、次の準備が整っているのであれば、早ければ早い方がいいので、早めに解約を進めましょう。

そうしなければ、保険料がかかってしまいますので、もったいないですね。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識
キャッシングローン知識|美容・コスメで女子力アップ|お肌の悩み解決箱|

団体信用生命保険と住宅ローン


団体信用生命保険とは、住宅ローンを返済している最中に、死亡してしまったり、高度障害になってしまったという場合には、本人の代わりに、生命保険会社が住宅ローンを返済してくれるというシステムになっています。

ほとんどの場合が金融機関で、ローンを組む人をまとめて氏絵名保険会社の団体信用生命保険に申し込むのが一般的です。

従来の生命保険に比べると、保険料も安く設定されていますし、加入する年齢ごとに条件などの違いもありません。

住宅ローンを利用するにあたって、もしも団体信用生命保険に入っていないということになれば、住宅ローンを返済している最中にもかかわらず大黒柱がいなくなることは、遺族たちが住宅ローンを支払っていけないこともあると思います。

住宅ローンが支払えなくなり、家を出ていかなくてはならないことにもつながりますので、残された遺族が、安心して家に住み続けることができる方法として、団体信用生命保険というのはあるのです。

団体信用生命保険の仕組みとしては、金融機関が住宅ローンを組む際に債務者に生命保険に加入してもらうように申込書を預かります。

そして35年分一括で保険料を保険会社に支払います。

そして万が一、住宅ローンを組んでいるのに、自分の身に何かって死亡したり障害が残ってしまったという場合には、金融機関に債務者がローンを返済するのではなくて、債務者の代わりの保険会社が住宅ローンを支払っていくことになります。

団体信用生命保険は、住宅ローンを組むにあたっては、必ずと言っていいほど義務付けられている生命保険で、加入にあたっては、金融機関が提携している生命保険会社に加入します。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識
キャッシングローン知識|美容・コスメで女子力アップ|お肌の悩み解決箱|
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術