保険何でも相談室 > 生命保険


【生命保険】 の記事一覧


生命保険の終身


生命保険の終身保険についてですが、生命保険の種類は色々とあります。

その中でも契約に関して期限がなくて、一旦生命保険に入れば、その後一生涯保障される保険のことを終身保険と言っています。

一生涯保障してもらえる上に、いつ死亡したとしても、決められた保険金がもらえるというのが、生命保険の終身保険です。

生命保険と言うのは、従来は、定期保険か、養老保険のどちらかしかありませんでした。

しかし日本人の平均寿命が長くなったことも影響して、定期保険の場合も、養老保険の場合でも、老後が来るまでに満期になり、その後の保険期間がなくなるというケースが増えてきました。

その保険期間をカバーするために作られたのが、生命保険の終身保険です。

若い年齢で加入している場合には、保険料は定期保険よりも格安ですし、定期保険は保険料が戻らないのですが、終身保険の場合には解約をすれば、解約返戻金がもらえるというメリットもあります。

生命保険の終身保険は、貯蓄型の保険です。

掛け捨ての保険である、定期保険と比較してみても、解約返戻金が残るということで貯蓄性が高いのが特徴です。

しかし生命保険の終身保険は、いい面だけではありません。

定期保険と比較してみると、解約返戻金があるために、保険料は少し高めに設定されています。

契約をしてから2年間は継続して保険料の支払いを行わないといけませんし、保険に入ってからすぐに死亡した場合は、保険金が少しだけしか下りないというデメリットもあります。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]

管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術