保険何でも相談室 > 生命保険



生命保険と税金


生命保険で受け取ることができた保険金には税金がかかります。

生命保険に入っている場合に、被保険者がもしもなくなったという場合には、保険金を遺産として、残された家族に入ってきます。

保険金を受け取るにあたっては、税金がかかってきます。

保険料を負担する人や、保険金を受け取る人、被保険者の誰が税金を払うのかによっても、種類は色々と違います。

保険金は現金での受取が可能ですから、税金としては、所得税や相続税、贈与税といった税金がかかってくることになります。

この場合に保険料を負担していた人と、保険金を受け取る人が同じ人の場合には、所得税がかかってきます。

保険金を一度に受け取るのか、分割で受け取るのかという受け取り方で一時所得という形なのか、雑所得という形なのか分けられます。

全額保険金を受け取る人は一時所得扱いで、保険料と特別控除額である50万円を引いた額に、税金がかかってきます。

雑所得扱いになるのは、保険金を年金でもらうことを言いますが、1年間に受け取った金額の保険料を引いた金額が所得税として、源泉徴収で差し引かれることになります。

亡くなった人と保険料を負担している人が同じ場合には、受取人が相続税を支払うことになります。

保険料を負担していた人と、被保険者、その他保険金を受け取った人がすべて違うという場合には、贈与税がかかってきます。

贈与税を計算する方法としては、年間に、贈与として受け取った財産を合計したものから、基礎控除額の110万円を引いた額に税率をかけることで計算可能です。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]

管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局

アフラック生命保険 


アフラックの生命保険はアメリカンファミリー生命保険を略している名前です。

生命保険をはじめとして医療保険などもとり使っている外資系の会社です。

日本でのアフラックのコマーシャルをご存知の人も多いと思いますが、がん保険に強い生命保険としても知られています。

がん保険が日本で最初に販売されたのは、アフラックでした。

今アフラック生命保険のがん保険で中心になっている商品としては、フォルテというガン保険があるのですが、こちらの保険料は一生変わらず、一生涯保障が受けられるという終身生命保険です。

アフラック生命保険ではがん保険だけでなく、医療保険もありますし、介護保険や学資保険などの保険の取扱いもあります。

がん保険が中心で全面的に販売を実施しているということもあり、他の生命保険会社と比べると、生命保険の内容自体はそれほど充実しているとは言えないのですが、がん保険はかなり充実しているのが特徴です。

終身保険については、少し他の生命保険に比べてみると充実していて、アフラック生命保険の終身保険は、80歳まで加入可能です。

これからは高齢化社会がまだまだ進みますから、さらに高齢になってからも保険に加入できるというのはうれしいですね。

アフラック生命保険は、生命保険会社の格付けランクでも、スタンダードプアーズ社の格付けにおいてAAという結果を出していますから、かなり安定しているということがわかります。

がん保険、医療保険では生命保険会社で一番の会社です。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]

管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局

外資系の生命保険


外資系の生命保険がここ数年のうちに、かなり増えていますがご存知でしょうか?

日本の生命保険会社は合併をして少なくなってきている中で、外資系の生命保険会社の数は増えているのが特徴です。

外資系の保険会社としては、たとえばどんなところがあるのかと言うと、ソニー生命保険や、オリックス生命保険、チューリッヒ生命保険やアメリカンファミリー、アリコジャパン、プルデンシャル生命保険、アクサ生命保険、マニュライフ生命保険などもあります。

AIGスター生命などもありますが中には、日本の生命保険会社が破たんしたために、それを買い取ってそのまま外資系が引き継いでいるというケースもあります。

例えば、プルデンシャル生命保険会社は外資系ではありますが、日産生命が破たんしたために引き継いで経営していますし、アクサ生命も、日本団体生命が破たんしたために外資として乗り出しています。

マニュライフ生命やAIG生命も同様です。

AIG生命には、千代田生命が破たんして外資系に買収されています。

ジブラルタ生命は協栄生命が買収された形です。

外資系の中には、このように日本の生命保険会社が破たんして買収したタイプもあります。

日本の生命保険との違いとしては、通販型で代理店を置かないダイレクトタイプによる、保険料の安さが違いとして明らかです。

また外資系の生命保険の場合には、配当金がなく、無配当であることも、日本の生命保険会社との違いになっています。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]

管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術