保険何でも相談室 > 生命保険



生命保険の代理店


生命保険の代理店は、日本の昔からある国内の生命保険会社はほとんどが代理店を設けています。

しかし外資系の生命保険会社は、代理店を設置しない方針で運営しています。

外資系の生命保険会社は、代理店を構えていないことから、代理店にかかる費用や人件費、コストなどが必要ありませんから、その分生命保険料が安く抑えられているというメリットがあります。

生命保険料だけを見てみると、代理店を通さずに、ダイレクトに直接生命保険会社と契約ができれば、生命保険料が抑えられるので、それはかなりメリットがあると思う人もいるかもしれません。

しかし生命保険料だけで見れば代理店を通さない方がお得ではありますが、人によっては代理店で、しっかりと生命保険の商品について説明をしてもらったり、対面でちゃんと契約を進めて行きたいと思っている人もいるのです。

ですから、生命保険の代理店はない方が保険料が安いというメリットはありますが、人それぞれ感じ方があり、営業マンに話を聞いた上で、生命保険に入りたいと思っている人には代理店を通じた方がメリットが大きい場合もあるのです。


投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識
キャッシングローン知識|美容・コスメで女子力アップ|お肌の悩み解決箱|

捨ての終身保険の保険料


生命保険料で掛け捨ての終身保険もあります。

こちらは一生涯保障が続くタイプの掛け捨てです。

この生命保険料は比較的リーズナブルですから加入している人も多いのではないでしょうか。

生命保険料でやはり高いのは、積み立ての養老保険などが高めに設定されています。

無事故ボーナスがもらえるタイプの生命保険の場合も、その分を上乗せしてありますから、高くつきます。

生命保険料を安く抑えたいと思っている人は、掛け捨ての保険を選んだほうがいいかも知れませんね。

積み立ての場合には、積み立てていくわけですから、その分上乗せになって高くつきます。

人によっては生命保険料を無駄に支払っているという人もいますから十分注意して、自分は今生命保険料を支払い過ぎていないか考えた方がいいと思います。

支払過ぎかどうかは、保障内容を見ればよくわかると思います。

自分にとって必要のない保障がついていたり、自分にとって十分すぎるくらいに保障が付けられているという場合もありますので、無駄な生命保険料を支払うことにならないためにも、生命保険に加入する場合には、十分保障内容について確かめた上で利用した方がいいでしょう。

長期にわたって生命保険料は支払っていくものですから、無駄にしているお金が多ければ、それだけ無駄なお金も大きな額になります。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識
キャッシングローン知識|美容・コスメで女子力アップ|お肌の悩み解決箱|

生命保険料


生命保険料は加入している生命保険の料金のことですが、支払方法は色々とあります。

毎月生命保険料を支払うのは、月払いになりますし、一括で1年分まとめて生命保険料を支払う場合には、年払いということになります。

そして分割で年に2回に分けて支払うというケースもあり半年払いと言われています。

生命保険料は年払いの方がお得になるというケースもありますし、トータルするとどの支払方法を選んでも同じである会社もあります。

生命保険料を一括にすると少し大きな額になりますので、大変な人の場合には、分割で半年に1回支払うという形や、毎月支払うという形にするといいかも知れませんね。

生命保険料は、それぞれ加入している生命保険によっても違っています。

例えば、生命保険料で安いのは掛け捨ての保険です。

定期の掛け捨てになると一番生命保険料が安く済みます。

定期ですから、ある程度の年齢になれば、保障がなくなりますので、その後のことを考えなければいけませんから、掛け捨ての定期に加入するという場合には、保険料の安さだけで選ぶのではなくて、自分にとって保障が十分であるのか考えた上で、入るのがいいでしょう。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識
キャッシングローン知識|美容・コスメで女子力アップ|お肌の悩み解決箱|
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術