保険何でも相談室 > 医療保険



子供向け医療保険の内容


子供向けの医療保険ならではの特徴とは何でしょう。

それは子供の罹患率が高い難病や、負いやすい負傷についての保険の充実である、と言えるでしょう。

具体的に例を挙げるならば、小児癌やI型糖尿病など、子供特有の難病、移植手術などです。

外科的に言えば、重い火傷、骨折の治療や手術などが該当します。

また、最近の子供向けの医療保険の中には、顧客のニーズに対応して特約として、いわゆる学資保険をつけられるものもあります。

この医療保険はあくまでも子供を対象とした医療保険ですので、定期保険タイプのものも少なくありません。

定期保険の形をとることによってのメリットは、保険料を抑えることができる、と言うことです。

他にも加入できる年齢に上限を定めることでも、保険料を抑えることが可能になります。

このため、子供向けの医療保険は、成人向けの保険と比較すると、保険料が安いのです。

昔と比べると、現代の子供は、身体は大きいものの体力的にはかなり劣っているということが問題になっています。

また、運動不足や食生活の変化で骨が弱くなったり、成人病にかかる子供も増えてきています。

子供の特定疾患を対象とした医療保険も販売されています。

特に少子化の影響で、子供一人にかけるお金は逆に増えてきている現状では必要不可欠の保険となりつつあります。

投稿者 友近由紀子

子供の為の医療保険


医療保険と言うと、何となく成人向けのような印象がありますが、子供のための医療保険というのが最近販売されています。

子供のための保険とはどのようなものがあるでしょうか。

子供向けの保険として、よく知られているのは学資保険や、生命保険などですが、これらは単独の保険ではなく、生命保険に学資保険を特約をつけたり、逆に学資保険に生命保険特約をつけたりと言うのが一般的でした。

しかし近年子供のための医療保険が注目を集めています。

子供向けの医療保険が充実してきた背景には、核家族が増えてきた上に両親が共働きと言う家庭が多く、子供が病気になった時や、ケガや病気で入院した場合には、夫婦のどちらかが仕事を休んで子供の看病をしなければならないということがあります。

そのような状況になった時には、どうしても経済的に大きなダメージを被ります。

この負担を軽減させるのが子供向けの医療保険なのです。

これ以外にもここ数年は、離婚率の著しい増加で、経済的に不安を抱えている家庭が増えたことも要因の一つだと言えるでしょう。

離婚前に家族の保険の特約で、子供用の保険を特約としてつけておいた場合に、両親の離婚によって被保険者の対象から外れてしまうことも考えられます。

こういったケースを避けるためにも、子供本人を主な被保険者として契約する、子供向けの医療保険のニーズが高まってきているのです。

投稿者 友近由紀子

医療保険には何故審査が必要なのか


医療保険には何故審査が必要なのでしょうか。

医療保険に加入する際に、程度の差はあれ審査を設けることで加入者の現状での健康状態を知ることができます。

それによって保険金目当ての加入者を削除することが可能となります。

例えば重大な疾患があって、手術、入院が予定されているのに、それを隠蔽して医療保険に加入して保険金を手に入れようとしても審査があればはじくことができますし、加入時に隠していても後から虚偽申告として訴えることもできます。

では完璧に健康な人でなければ医療保険への加入ができないのかというと、決してそうではありません。

確かに診断結果によっては、保険への加入ができなくなったり、条件が制限されたりすることもありますし、加入自体は認められても、保険料金が健康な人と比較すると少し高くなることもあります。

ここで諦めてしまわずに、健康に不安があるならば尚のこと、人生を保障するものとして多少の出費は覚悟しなければならないでしょう。

もう一つの選択肢は、保険会社自体を検討すると言うことです。

現在保険会社も過当競争で、医療保険もさまざまな保険会社が独自のプランで販売しています。

同様の保証内容でも、告知や医師の診断が要らない保険も、若干割高ですが発売されています。

色々な会社の医療保険を比較検討して、自分に最も合ったものを選びましょう。

投稿者 友近由紀子
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術