保険何でも相談室 > 自動車保険



自動車保険三井ダイレクト


自動車を運転する人ならば,誰もが知りたい自動車保険。

三井ダイレクトの自動車保険についてのお話です。

三井ダイレクト損保の自動車保険には,さまざまなサービスの面が安心できる内容となっていて,しかも三井ダイレクト損保の自動車保険の保険料はとても納得の行くものとなっています。

まず,三井ダイレクト損保の自動車保険では,対物保険が無制限となっています。

これは,万が一の場合に備えて,対人賠償保険と同様に対物賠償保険も補償を無制限にすべきだという三井ダイレクト損保のススメに基づいています。

三井ダイレクト損保の自動車保険なら,賠償金がどんなに高額にのぼってしまっても安心なのです。

また,三井ダイレクト損保の自動車保険には,対物超過修理費用特約というものがあります。

この特約を自動車保険に付加することで,相手の車の修理費が時価を超えて,その差額をこちらが支払う場合でも,保険金が支払われるのです。

さらに,三井ダイレクト損保の自動車保険では,対歩行者傷害補償特約というものもあります。

これは,トラブルになることの多い歩行者との事故の際に,この特約が自動車保険に付加してある場合は,自分の過失割合にかかわらず,相手の損害の全額を補償してくれる自動車保険の特約となっています。

投稿者 押切 もえ

自動車保険の一部車両保険


自動車保険の中にはいろいろな保障内容の保険が細かく分けられています。

そんな自動車保険の中で,車両保険という名前の自動車保険があります。

自動車保険の中の,車両保険とはその名前の通り,車両にかけておく自動車保険の事です。

例えば,車両保険という自動車保険は,契約をしているクルマが,偶然の事故によって損害を受けた場合に,修理代などが支払われる事になる自動車保険の事を車両保険といいます。

自動車保険の中の,対人保険や対物保険とは人や物に対する損害の補償の自動車保険ですが,この車両保険は,自分のクルマにかける保険というわけなのです。

この,車両保険という自動車保険はをかける時の保険金額というものは,契約をしようとするクルマの年式や種類などのいわゆる「時価」というものを基に決められることとなります。

例えば,50万円程の値うちしかないとされるクルマなのに,車両保険という自動車保険を使って300万円の保険をかけようとしてみたりすることは基本的には無理なのです。

この,時価というものは保険会社のほうが,最新の時価のデータに基づいて決めることとなります。

万が一の時の為に,このような車両保険という自動車保険に予め加入しておく事が安心となるのです。

投稿者 柳沢 なな

JA自動車保険


農協,つまりJA共済は安心の保険会社として知られています。

このJAが出している自動車保険もとても安心なサービスの自動車保険で人気です。

JAの自動車保険は「自動車共済」という名前で呼ばれています。

このJAの自動車保険に加入する際には,合わせてJAの自賠責の自動車保険とセットで加入すると,自動車共済がさらにお得になるシステムになっています。

JA共済というものは,「助け合い」の精神から生まれているため,営利を目的とはしていないのです。

そのため,JAの自動車保険などについても,納得のいく掛金となっています。

また, JAの自動車保険は,JAの自賠責保険とセットでの加入であれば,対人賠償掛金が7%割引となります。

JAの自動車保険では,車両保障と対物賠償とセットで加入すると車両保障・対物賠償のそれぞれの掛金が約7%割引となるので,とてもお得な契約となります。

また,JAの自動車保険で無事故を継続すると,最大20等級までの無事故割引等級が適用され,自動車保険の掛金が最高62%まで割引かれることとなります。また,この無事故による割引は
保険会社等からの切り替えにも適用されます。

JAの自動車保険なら,2台目以降から新規加入がお得になるサービスもあります。

投稿者 山本 モナ
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術