保険何でも相談室 > 自動車保険



強制保険と任意保険


強制保険の自賠責保険でカバーできる補償の範囲は,事故を起こした場合に相手が怪我をしたり死亡したりした場合の対人の補償のみなのです。

しかもその自賠責の自動車保険の補償額には限度額があります。

そこで,任意保険の自動車保険の出番なのです。

事故を起こした時に自分や相手の車の修理代や公共物を破損した場合の修理代,自分の怪我の医療費や車両が盗難にあった場合などの補償をしてくれる自動車保険が,任意保険なのです。

この,任意保険という自動車保険の中には色々な保障の種類があります。

事故で物を壊してしまった時に保障する対物保険や,同乗者を保障する保険,自己を保障する保険,車両が盗難にあった場合の保険などいろいろな保障があるので,あらかじめ自分で必要だと思ったものに加入をしておくことがとても安心だといえます。

自動車保険のタイプ


自動車保険は大きくわけて二つにわけられます。

その自動車保険の種類のうちのひとつめは,自賠責保険という自動車保険です。

この自賠責保険という保険は,自動車を運転する人が必ず加入する
ことになる,強制保険とも呼ばれている自動車保険です。

もうひとつの保険は,任意保険という保険で,その名の通り加入することが任意になっている自動車保険のことです。

自動車保険の比較ポイント


自動車保険の比較のポイントは,自動車保険の保険料の違いや,各種の割引制度はもちろん、保障の保障内容(基本保障や特約,車両保険についてなど)をしっかりと見ることです。

また,自動車保険では,事故にあった場合などのサービスやフォロー、無料ロードサービスがついているのかなども重要となってきます。

自動車保険の比較をする時には、これだけは譲れないという保障の優先順位を決めましょう。

また,比較的安い保険会社も存在しますので、安い保険会社を選べば自動車保険の保険料も安くなるということになります。
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術