外資系の生命保険


今日本の生命保険業界も大きく変わりつつあります。

なぜなら、ここ数年で日本の保険会社以外に海外の保険会社も生命保険業界に参入しているからです。

しかも特徴としては、日本の生命保険会社の保険料よりもとても安い保険料で手厚い保障が受けられるということもあり、選ばれています。

日本の生命保険会社はなぜ保険料が高くて、外資系の生命保険会社は保険料がなぜ安いのでしょうか。

この二つの会社は特徴が違っています。

特徴を理解して、自分が生命保険を選ぶ際に、参考にしてみるといいかも知れません。

まず外資系の生命保険会社というのは、営業の方法が違っています。

国内の生命保険会社では保険外交員による営業が主力になっていますが、外資系ではこの営業に対する考え方が大きく違っています。

外資系の生命保険の場合には、通販型と呼ばれていたり、ダイレクト型と呼ばれているように、コンサルティング営業で成り立っています。

ですから、実際に日本の生命保険会社に比べると、直接営業のスタッフと対面しながら、保険についての話を聞くということがなかなかできないという特徴があります。

代理店なども設けないのが外資系保険会社の特徴です。

ですから代理店にかかる費用がない分、営業のスタッフが少ない分保険料を安く抑えてあるのが特徴です。

たとえば日本の生命保険会社の営業社員は、5万人以上いると言われていますが、外資系のとある生命保険会社の営業社員の数は4400人にとどまっています。

企業方針の違いによりこれほど差があるというのが特徴です。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識
キャッシングローン知識|美容・コスメで女子力アップ|お肌の悩み解決箱|

リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術