生命保険と税金


生命保険と税金についてですが、支払っている額に応じて、所得税、住民税を計算するときに控除が行われるのが一般的です。

これは生命保険に限らず、個人年金保険料を払った場合でも適応になるのですが、一定の条件をクリアしていれば、所得税、住民税の計算上生命保険料控除の値段が、所得の総額から引かれることになっています。

支払っている生命保険料の値段によって違ってくるのですが、生命保険の場合には最高で限度額として5万円とされていて、個人年金保険も支払っているというケースではさらに5万円の合計10万円までが所得控除の対象になるとされています。

生命保険料控除額を計算するという場合には、計算方法が分からない人もいると思いますが、確定申告をする紙にも詳しい計算方法については記載されているので、そちらで確認してみるといいと思います。

自営業の人は確定申告を行いますが、サラリーマンの場合には行いません。

その場合には生命保険料控除申告書を勤め先からもらって帰ってくると思いますので、年末調整の時期に確認してみるといいと思います。

生命保険の控除を受けるためには確定申告をする際に、生命保険料控除という欄がありますので、そちらに必要事項を書いて提出しなければいけませんが、その際には支払った金額がわかるものを一緒に出す必要があります。

サラリーマンが年末調整で控除を受ける申告をする場合にも、生命保険料を支払った金額を証明する書類が必要です。

この書類は、生命保険会社から、毎年同じ時期に送られてきますので、そちらを元にして提出するようにします。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識
キャッシングローン知識|美容・コスメで女子力アップ|お肌の悩み解決箱|
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術