団体信用生命保険と住宅ローン


団体信用生命保険とは、住宅ローンを返済している最中に、死亡してしまったり、高度障害になってしまったという場合には、本人の代わりに、生命保険会社が住宅ローンを返済してくれるというシステムになっています。

ほとんどの場合が金融機関で、ローンを組む人をまとめて氏絵名保険会社の団体信用生命保険に申し込むのが一般的です。

従来の生命保険に比べると、保険料も安く設定されていますし、加入する年齢ごとに条件などの違いもありません。

住宅ローンを利用するにあたって、もしも団体信用生命保険に入っていないということになれば、住宅ローンを返済している最中にもかかわらず大黒柱がいなくなることは、遺族たちが住宅ローンを支払っていけないこともあると思います。

住宅ローンが支払えなくなり、家を出ていかなくてはならないことにもつながりますので、残された遺族が、安心して家に住み続けることができる方法として、団体信用生命保険というのはあるのです。

団体信用生命保険の仕組みとしては、金融機関が住宅ローンを組む際に債務者に生命保険に加入してもらうように申込書を預かります。

そして35年分一括で保険料を保険会社に支払います。

そして万が一、住宅ローンを組んでいるのに、自分の身に何かって死亡したり障害が残ってしまったという場合には、金融機関に債務者がローンを返済するのではなくて、債務者の代わりの保険会社が住宅ローンを支払っていくことになります。

団体信用生命保険は、住宅ローンを組むにあたっては、必ずと言っていいほど義務付けられている生命保険で、加入にあたっては、金融機関が提携している生命保険会社に加入します。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識
キャッシングローン知識|美容・コスメで女子力アップ|お肌の悩み解決箱|
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術