生命保険の基本型


生命保険は色々と種類があるので、どれを選べばいいのかわからない人も多いと思います。

生命保険の基本型について考えていきたいと思います。

生命保険の内容はとても複雑になっていると思われがちなのですが、実際には、三つの種類しかありません。

定期保険と終身保険、そして養老保険の三つだけが存在しているのです。

なぜ生命保険が複雑に見えるのか、それは、これらを色々と組み合わせたりしているために複雑に思えるだけです。

まず一つ目の定期保険については、決められた期間内に死亡した場合には保険金がもらえるという保険で、生存給付金などもありませんし、死亡保障も決められた期間だけですから、保険料は安く、それでいて保障は高額であることが特徴です。

掛け捨てで、かけている人が多い保険はこの定期保険と言うことになります。

そして終身保険についてですが、こちらは死亡保障が一生涯続いている生命保険のことを言います。

生存給付はないのですが、死亡保障にも制限がないので、定期保険見たいに、期間が決められていないので安心です。

しかし保障期間が無制限と言うことで、保険料は高めに設定されているのです。

そして養老保険は、死亡保障が付いていて、なおかつ、生存給付金が付けられているもので、生命保険の基本型の中でも、一番保険料が高いのが特徴です。

生命保険はこうして色々な種類がありますが、基本はこの三つなので、それほど難しく考えることもありません。

基本の形に合わせて選ぶだけなのです。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術