生命保険と結婚


生命保険は結婚を機に一度見直しを行った方がいいと思います。

なぜなら、今までは独身で、自分のためだけにかけてきたという生命保険も、これからは、自分に万が一のことがあった場合に、カバーできて、残された家族が困らないように加入するというスタイルに変わってくるからです。

今まで独身の時には、医療保険だけに加入しているという人も多かったと思いますが、結婚をしたのでしたら、死亡保障についても考えていかなくてはいけません。

しかし必ずしも、夫に死亡保障が必要で、妻には死亡保障が必要ではないということではありません。

なぜなら、夫も妻も同等に仕事をしている場合には、お互いで家計を支えていることになりますので、妻にも死亡保障が必要になってくるでしょう。

そのうえで、妻が出産や子育てのために専業主婦になれば、妻にかけていた死亡保障は必要がなくなりますが、夫に万が一のことがあった場合には、さらに死亡保障を手厚くする必要がありますから、そちらに保障を回すことが望ましいでしょう。

生命保険は結婚を機に、見直すことは重要なことで、またすぐに子供が生まれたという場合には、さらに見直しが必要になってくると思います。

これから結婚をするという人は、結婚後のライフスタイルに合わせて生命保険を考えましょう。

必ずしも、新婚の家庭はこんな生命保険に加入しなければいけないという決まりはありません。

それぞれの家庭のライフスタイルによって違ってきます。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術