生命保険と独身


独身の人が生命保険に入るという場合には、どのような入り方をするのがいいのでしょうか。

独身の人の場合には、死亡保障と言うのは、それほどつけなくてもいいとされています。

死亡保障は、自分に万が一の時に、残された家族が生活費に困らないようにするために保障をつけるのが目的ですから、独身で、自分に万が一のことがあったときに、困るような家族がいない場合には、それほど死亡保障をつける必要はないのです。

それよりも、独身の場合には、医療保障を手厚くした方がいいでしょう。

扶養する人がいない独身の人の場合には、自分が怪我をしたり、病気になったときに困らないような保障を備えておくのがいいと思います。

独身で女性の生命保険の加入の仕方としても、同様ではありますが、それに加えて、女子特有と言われている、乳がんや子宮などの女性だけにかかりやすい病気にかかった場合に、手厚い補償が受けられるというようなタイプの生命保険に加入しておいた方がいいでしょう。

独身の人の中には、ご両親を養っている方もいると思います。

ご両親を養っている人の場合には、自分に万が一のことがあった場合には、困る家族が出てきますので、その場合は、死亡保障を手厚くしておいた方がいいので、死亡保障の生命保険に加入しておきます。

しかし家族がいなくて独身の人の場合には、死亡保障は必要ないと言ってもいいと思いますので、それよりも、医療保障を充実させることを優先させましょう。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術