生命保険の満期


生命保険の満期は、終身保険に設定されている期限のことを言います。

終身保険には必ず、満期があります。

保険金を払い込んだ時期に、まだ被保険者が生存している場合には、決められた保険金を受け取れることになっています。

定期保険の場合には、死亡保障しかありませんから、満期は設定されていないのですが、終身保険の場合には満期がありますから、老後や将来の生活を考えるときには、考えておくといいと思います。

上手な満期の迎え方としては、若い段階で生命保険に加入しておいて、定年退職をするころには、保険料の払い込みが終了するような契約をしておけば、満期になったときには、今まで支払ってきた保険料より、解約返戻金として手元に入るお金の方が多くなることになります。

生命保険の終身保険は貯蓄保険としても知られていますが、それは満期の際に、今まで積み立ててきた、貯蓄してきたお金が戻ってくるという意味合いから、貯蓄型とも呼ばれているわけです。

生命保険に入る場合に保険料を出来るだけ下げて、抑えたいと思っている場合には、死亡保障に重点を置いて加入するといいと思いますし、将来や老後の生活について、重点を置きたいというのであれば、早い段階から加入しておいて、満期保険金を受け取って、将来の老後の生活などに利用するという方法が賢い選択だと思います。

しかし、満期が設定されている、終身保険は、保険料が高いことでも知られているので、保険料を安くしたい人は満期のない、定期保険を選ぶのがいいでしょう。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術