生命保険の転換


生命保険の転換とは、今まで加入していた生命保険を下取りしてもらって、新しい生命保険に入るということが転換するということになります。

新しい保険料は転換するときの自分の年齢と予定利率などで計算をすることになります。

下取りの価格の分は割り引かれる設定になっています。

ですが、最初に契約していた時よりも年齢が上になっていることや、予定利率が現在はかなり低いことから、転換することのメリットは今はあまりないと言ってもいいでしょう。

他の保険会社に転換するということはできないので、現在加入している生命保険会社内で転換するという形のみになります。

生命保険の転換の種類としては、下取りした生命保険を、新しく契約する終身保険の中にだけ入れるという、基本転換と言う種類と、終身保険と定期保険特約に入れる比例転換と言う方法と、的保険特約の中にだけ入れるという特定転換と言う種類があります。

基本転換の場合には、他の転換の種類と比較してみると、保険料そのものは高くついてしまうのですが、解約返戻金だけを見てみるとかなり大きな額になります。

比例転換の種類は、特定転換と比較してみると、解約返戻金は増えますし、基本転換よりも格安の保険料になるのですが、定期保険特約の更新をするときには、一番保険料が高くつくという特徴があります。

それぞれの生命保険の転換の種類によって特徴が違っていますので、それぞれの特徴をよく理解した上で、転換するかどうかを考えましょう。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術