生命保険の種類


生命保険の種類は、沢山あり過ぎて、何を選べばいいのかわからない人も多いと思います。

しかし冷静に見た場合に、生命保険の種類は大きく分けると3つだけです。

まず一つ目としては、終身保険があります。

これは保険期間が設定されていないタイプで、一生涯保障がある生命保険です。

そして定期保険も生命保険の種類の一つです。

こちらの保険は保険期間が設定されていて、ほとんどのケースで掛け捨てになるタイプの生命保険です。

生命保険の三つ目の種類としては、養老保険があります。

養老保険は、定期保険と同じで、保険期間が決められているのですが、何事もなく満期まで過ごした場合には、保障額と同じだけの満期保険金を受け取ることができるという保険になります。

たとえば、養老保険の場合には、保険期間が60歳までで、保険払込期間も60歳までで、それまでに何事もなければ、1000万円の満期保険金を受け取れるというものです。

だいたいその場合には保険料は25000円以上となっています。

先ほどの生命保険の種類の定期保険の場合には同じ保険期間60歳で、保険金額が1000万円で合っても、掛け捨てであったために、保険料は4000円位と、陽良保険の5分の1と言う保険金でした。

掛け捨てと積立型の保険があり、生命保険の種類によって違っています。

基本的に養老保険などの積み立ての生命保険の方が、保険料は高く設定されていて、掛け捨ては、保険料が安いのが特徴です。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術