生命保険の受取人


生命保険の受取人と言うのは、保険料を支払って契約して加入していた保険の保険金を受け取る人を言います。

保険金を支払うようなことが起きた場合に、生命保険会社から、保険金を請求する手続きをした上で受け取ることができるようになっています。

死亡保険金や満期保険金などを受け取ることができるのですが、受取人は、どうやって決まるのかと言うと、契約する人が決めることになっています。

生命保険の受取人の中には、高度障害保険金受取人と言う種類もあり、この場合には、被保険者本人と決められている場合もあります。

この場合は契約者が決めることができないことになっています。

主に、生命保険金受取人と言うのは、契約者が夫である場合には妻が、妻が契約者である場合には夫が受け取るというのが普通ですが、それ以外に、親が子供にかけるというケースもあります。

保険金受取人になった場合には、受け取った事実が発生すれば税金を支払うことになっているので、どんな立場で、生命保険の受取人として保険金を受け取ったのかと言うことで、税金の種類が変わってきますから、良く確認しておきましょう。

生命保険金の受取人を変更したいと思っている人も中にはいると言われていますが、その場合には、保険会社に相談をしたうえで、保険金受取人の変更手続きを行うことになります。

夫婦間で受取人になっていて、離婚した場合などには、生命保険受取人の変更が必要ですから、手続きを行いましょう。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術