生命保険料


生命保険に加入するにあたって、気になるのは保険金の総額と言う人も多いと思いますが、それ以外にも、支払っていく生命保険料が気になる人も多いと思います。

充実させたいと思っている保障にはそれなりの保険料が必要になってきますが、保証内容に合わせて保険料も比例してきますので、自分の希望通りに設定できると思います。

保険料を安く設定すれば、それだけ、保障は手薄になりますが、あまり最初から充実させて保障をつけていると、保険料の支払いが苦しくなる場合があります。

たとえば給料が低くなったり失業した場合に、保険料が支払えなくなることもありえますから、注意しましょう。

1年間に保険料を平均どれくらい支払うのかと言うと、だいたい25万円位と言われています。

20年間定期保険に入って生命保険料を支払っていくと、単純に計算しても、500万円支払うことになります。

定期付きの終身保険に入って、40年近く支払い続けた場合の生命保険料の場合には、総額で1000万円以上も下らないと言われていますから、生命保険料と言うのは、住宅に支払う費用の次に、沢山支払うことになるのです。

生命保険には安心して入りたいと思っている人も多いと思いますから、保証内容をよく見たうえで、保険料のバランスも考えたうえで、選ぶのが一番です。

保険料と保障のバランスがアンバランスだと、孫をすることにもなりますので、よく検討した上で加入するようにしましょう。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術