生命保険と女性


生命保険に入る場合に、契約者にとって、万が一の場合に残された家族が生活に困らないようにするために加入するという目的がありますが、これは男性で、一家の大黒柱に多くある目的になります。

それでは女性が生命保険に加入する場合にはどうすればいいのでしょうか。

女性が生命保険に入る場合には、男性と違って、死亡保障よりも、医療保障を充実させておいた方がいいでしょう。

お子さんがいらっしゃる女性や、仕事をしている女性の場合には、死亡保障も少しつけた上で医療保険に加入するのが一番だと思います。

医療特約を付けて死亡保険に加入している女性も多いのですが、それよりも、医療保険単品の保険商品に加入しておいた方がいいというメリットもあります。

その方が、自分にとって必要な保障だけをつけることができますので、保険料のコストダウンにもつながります。

終身保険の生命保険に、医療特約を付けている人も多いと思いますが、そうすると保険料が高くついてしまいます。

独身の女性ならそれでもいいのですが、結婚をしたり、出産をしたりして、仕事をやめてしまった場合には、保険料の高さから、加入の継続が難しくなることもあります。

ですから、保険料が安い医療保険に入っておくのが、女性の生命保険の上手な加入方法になると思います。

ここ数年の女性の平均寿命と言うのは、85歳を上回っていますから、終身医療保険に入っておいた方が安心です。

保険料は若干割高にはなるものの、早めに加入しておくといいでしょう。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術