生命保険の掛け捨て


生命保険では、掛け捨てが損をするというイメージを持っている人が多いと思います。

掛け捨ての生命保険は、積み立ての生命保険とは違った種類の保険です。

定期保険と呼ばれている生命保険が、一般的に掛け捨てと呼ばれている種類になります。

積み立ての生命保険の場合には、元気で健康に過ごしている場合には、支払った保険料が積み立てて後でお金が戻ってくることになるのですが、掛け捨ての場合には、元気に過ごしていても、お金が戻ってきません。

ここまで説明して聞いた人は、積み立ての方が絶対に得だと思うかもしれませんが、これで支払う保険料の金額が同じなら特かもしれませんが、掛け捨てと積立では保険料の金額が違っています。

積み立ての保険料は掛け捨ての保険料に比べると何倍も高額になっています。

掛け捨てを選ぶと保険料を抑えることができますが、将来的にはお金が手元に残らないということになります。

逆に高い保険料を支払っていれば、将来的には、お金が積み立てられているので、手元に残るということになるわけです。

日本の従来の保険と言うのは、積み立ての保険が安心という考え方があったのですが、ここ数年、外資系の生命保険会社の参入により、掛け捨ての保険と言うのはかなり主流化しているのが現状です。

保険料を極力抑えたうえで、掛け捨ての生命保険に入るというのが、最近の傾向にあります。

どちらのケースを選ぶ場合でも、自分に合っているかどうかをしっかりと確認して加入しましょう。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術