生命保険と相続税


生命保険では相続税を支払う必要があります。

相続税の対象になっているのは、お金、有価証券や土地や建物など色々とありますが、生命保険の死亡保険金もその一つです。

生命保険の死亡保険金を受け取ったという場合には、所得税と、相続税、そして贈与税のどれかを支払わなくてはいけないことになっています。

誰がどれを支払わなければいけないのか、それは誰が保険金を受け取って、誰が保険料を支払っていたのかと言うことによって変わってきます。

生命保険で相続税を支払わなければいけないことになるのは、死亡保険金を受け取ったケースで、契約者が夫で、被保険者も夫で、受取人が相続人であった場合には、相続税がかかってきます。

そして夫が契約者で被保険者も夫で、受取人は相続人以外の場合にも相続税がかかってきます。

生命保険の相続税の課税がある人は、相続税の納付期限と言うのは、申告期限までに、一括納付しなければいけません。

もしも支払うためのお金がない場合には、例外措置が取られます。

保険金を受け取るのが、もしも一人ではないという場合には、相続する人が増えます。

その場合には、それぞれに相続税がかかってきます。

連帯納付義務というのが決められているので、相続する人は、自分が受け取る金額に見合った相続税を支払わなければいけないということになります。

相続税の納付は、保険金を受け取った人全員が支払う義務があるということが法律で決められているのです。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
楽々簡単ダイエット講座|Blogger of dietfever|サプリメントの基礎知識
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術