生命保険と税金


生命保険で受け取ることができた保険金には税金がかかります。

生命保険に入っている場合に、被保険者がもしもなくなったという場合には、保険金を遺産として、残された家族に入ってきます。

保険金を受け取るにあたっては、税金がかかってきます。

保険料を負担する人や、保険金を受け取る人、被保険者の誰が税金を払うのかによっても、種類は色々と違います。

保険金は現金での受取が可能ですから、税金としては、所得税や相続税、贈与税といった税金がかかってくることになります。

この場合に保険料を負担していた人と、保険金を受け取る人が同じ人の場合には、所得税がかかってきます。

保険金を一度に受け取るのか、分割で受け取るのかという受け取り方で一時所得という形なのか、雑所得という形なのか分けられます。

全額保険金を受け取る人は一時所得扱いで、保険料と特別控除額である50万円を引いた額に、税金がかかってきます。

雑所得扱いになるのは、保険金を年金でもらうことを言いますが、1年間に受け取った金額の保険料を引いた金額が所得税として、源泉徴収で差し引かれることになります。

亡くなった人と保険料を負担している人が同じ場合には、受取人が相続税を支払うことになります。

保険料を負担していた人と、被保険者、その他保険金を受け取った人がすべて違うという場合には、贈与税がかかってきます。

贈与税を計算する方法としては、年間に、贈与として受け取った財産を合計したものから、基礎控除額の110万円を引いた額に税率をかけることで計算可能です。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]

管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術