外資系の生命保険


外資系の生命保険がここ数年のうちに、かなり増えていますがご存知でしょうか?

日本の生命保険会社は合併をして少なくなってきている中で、外資系の生命保険会社の数は増えているのが特徴です。

外資系の保険会社としては、たとえばどんなところがあるのかと言うと、ソニー生命保険や、オリックス生命保険、チューリッヒ生命保険やアメリカンファミリー、アリコジャパン、プルデンシャル生命保険、アクサ生命保険、マニュライフ生命保険などもあります。

AIGスター生命などもありますが中には、日本の生命保険会社が破たんしたために、それを買い取ってそのまま外資系が引き継いでいるというケースもあります。

例えば、プルデンシャル生命保険会社は外資系ではありますが、日産生命が破たんしたために引き継いで経営していますし、アクサ生命も、日本団体生命が破たんしたために外資として乗り出しています。

マニュライフ生命やAIG生命も同様です。

AIG生命には、千代田生命が破たんして外資系に買収されています。

ジブラルタ生命は協栄生命が買収された形です。

外資系の中には、このように日本の生命保険会社が破たんして買収したタイプもあります。

日本の生命保険との違いとしては、通販型で代理店を置かないダイレクトタイプによる、保険料の安さが違いとして明らかです。

また外資系の生命保険の場合には、配当金がなく、無配当であることも、日本の生命保険会社との違いになっています。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]

管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術