生命保険料控除


生命保険料控除とは、税金を支払っている人や、生命保険料を支払っていたり、個人年金の保険料等を支払っているという場合に、決められた一定の額の所得控除の対象になるという制度のことを言います。

生命保険料控除の対象になっている生命保険料としては、保険金の受取が自分の場合や、家族の場合などの保険料、掛け金が対象になっています。

保険期間が5年未満や、簡易保険と言ったものは対象外になります。

対象になっている個人年金保険料に関しては、保険料、掛け金が対象になっています。

生命保険料控除の控除額と言うのは一定の金額が決められているので、上限がありますが、どのように決められているのかと言うと、年間で支払った生命保険料の合計が25,000円よりも下の場合には支払った金額分が全額控除されます。

そして2万5千円以上で、5万円以下の場合には、支払った金額の半分に1万2500円を足した金額が対象になります。

5万円以上10万円以下の場合には支払った保険金の総支払額を4で割って、それに、2万5千円を足した金額が控除額と言うことになります。

生命保険料控除を受けたいと思っている場合には、確定申告の時に、生命保険料控除を記入する欄がありますので、そちらに記入するといいと思いますし、サラリーマンなどの給与所得者の場合には、年末調整の時期に控除を申請することになります。

生命保険の保険料が年間で9千円以下のものになった場合には控除をする必要はありません。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]

管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術