生命保険の解約


生命保険を解約する場合には、なかなかスムーズに解約の手続きが進まないという話を聞きます。

生命保険に入ったときに担当してくれた営業スタッフに連絡をしても、全然手続きを進めてくれないといった話も耳にします。

解約してもらえないといつまでも待っているのではなくて、自分で解約できるように勧めていかなくてはいけません。

そのためには、面倒でも、生命保険会社にまずは連絡を取ることから始めましょう。

営業スタッフに連絡を取ってしまいがちですが、この場合は解約ですから、生命保険会社の本社のサービスセンターなどに連絡をするのが一番です。

保険証書などには、本社のサポートセンターの番号なども記載されていますから、そちらを見て連絡をしましょう。

ここに連絡をするだけで、生命保険の解約手続きがかなりスムーズに進むと思います。

生命保険の解約に必要な書類としては、保険証券と、契約の際に使った印鑑、身分証明書などが必要です。

また、振込口座の通帳なども用意しておくと便利です。

解約返戻金がない場合には、解約の手続きが進まないのであれば、保険料が引き落とされる際にお金を入れなければ、保険料未払いになって、保険の効力がなくなるので、それで解約したのと同じ状態になります。

生命保険の解約と言うのは、意外とスムーズにいかないと言われています。

自動車保険の解約や乗り換えのように、スムーズに行けると思っていたら、なかなか解約できなかったという話も聞きますが、早めに手続きを開始しましょう。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術