生命保険一般課程試験


生命保険一般課程試験とは、生命保険会社で働いている人が、お客様に信頼されるために、資格や技術、知識を身につけているのかどうかを判断するための氏絵名保険会社業界の資格の一つです。

生命保険会社で働いている人や、生命保険を取り扱っている金融機関で働いている人、代理店で働いている人など、新しく生命保険に加入してもらう人を探している仕事についている人が受験することができる試験です。

生命保険一般課程試験は、生命保険協会が主催して行っています。

生命保険協会が決めている所定の単位を履修した上で、2か月以内に、試験を受けなければいけないことになっています。

資格試験は月に1回実施されています。

生命保険一般課程試験を持っていることで、その人が、生命保険に関する知識などを身につけているということがわかりますから、お客さんにとっても安心して生命保険の話を聞く、判断材料になります。

生命保険会社で働いているセールスレディーや営業スタッフなら、必ず持っている方がいい資格ですから、生命保険会社も、新規で採用されたスタッフには、会社が負担してでも、生命保険一般課程試験の講習を受けさせて、受験させるというケースが多いでしょう。

パートなどで生命保険のセールスレディーになるという場合でも、まず最初の研修期間中に、知識を頭に入れたうえで試験を受験して、資格を取ってから、仕事に就くというケースが多いです。

一度持っていれば生命保険会社で働く際に有利です。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術