団体信用生命保険


団体信用生命保険は、住宅ローンを借りている間に、ローンを契約している人が万が一死亡してしまったり、高度の障害を負ってしまったという場合には、本人に代わり、生命保険会社が、住宅ローンの返済を行ってくれるというものです。

実際には住宅ローンの返済を行うというのではなくて、住宅ローンの残りの債務の分だけ保険料を支払ってもらえるという生命保険です。

簡単に言ってしまえば、もしも住宅ローンを返済中に亡くなってしまったら、住宅ローンは返済しなくてもよくなるということになります。

団体信用生命保険は、住宅ローンを組む際に、あらかじめ金融機関が生命保険会社に、利用者を全員まとめて申し込み手続きを行いますから、保険料が、普通の生命保険などに比べると安いという特徴があります。

また、加入するときの年齢によって保険料に差が出るということがないのが特徴です。

団体信用保険は生命保険料控除の対象外と言う扱いになっています。

住宅ローンを申し込む際には、必ず団体信用生命保険にも加入することは義務付けられていることがほとんどです。

この生命保険に加入しておかなければ、万が一住宅ローンを返済中に、亡くなってしまったり、重度の障害を負ってしまった場合には、住宅ローンの返済が困難になってしまうために、住宅ローンが返せなくなり、家を手放さなくてはいけないことになりますので、加入は義務化されています。

自分で団体信用生命保険に加入する際の保険会社を選ぶのではなくて、金融機関による紹介になります。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術