生命保険の見直し


生命保険は一度加入すれば終わりではありません。

確かに、生命保険に1度加入すれば、もう何があっても安心だと思っている人は多いと思います。

しかしそうではありません。

生命保険に加入しているということは、保障されているということになりますが、保障内容の見直しが必要です。

加入している人の環境や、その人のライフステージに合わせて、随時生命保険と言うのは見直していく必要があるのです。

例えば、生命保険に新規で加入したのが、22歳で社会人になった事を機に加入したという人がいた場合に、結婚をすれば、配偶者ができます。

男性の場合には、配偶者を養っていかなくてはいけませんから、自分の身に何かあったときの生命保険の保障は、結婚前の一人の時よりも増やさなければいけません。

また、結婚して、子どもが生まれれば、それだけ養っていく家族が増えますから、保障はさらに必要になってくるのです。

生命保険の見直しは、人生の節目と共に行うのが一番いいでしょう。

逆に、今保障を増やしていきましたが、生命保険の見直しでは、保障を減らしていくという事も行います。

子供が成人して社会人になった場合には、保障を減らす必要があります。

いつまでも無駄に保障を手厚くかけていても保険料が高いだけです。

自分と家族の環境やライフスタイルに合わせて、生命保険は随時見直しをしていく必要があります。

1度入ればそれでいいのでは決してありませんから、何か変わればその都度見直しをすることをお勧めします。

投稿者 友近由紀子
   
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術