組み立て型医療保険


医療保険の中には、1年ごとに契約内容の見直しが可能なものがあります。

これは医療保険を自分で組み立てていくものですので、「1年組み立て保険」と言われています。

「1年組み立て保険」は、主契約と特約を自由に組み合わせるもので、主契約は「遺族保障」で、特約のには「入院保障」「ガン保障」「月給保障」などの医療保険が含まれています。

これらの保険を自由に組み合わせることを可能にすることで、被保険者は安心感を得ることができるのです。

何故1年ごとに見直すのかというと、被保険者が夫であり、父親である場合、まず主契約以外にも多くの特約保険を考えると思います。

ただし、子供は成長するに従って必要な学費は大きくなりますが、大学まで行ってしまうと学費を払う残りの期間は短くなっています。

その他の特約保険についても、年齢を重ねるごとに必要な金額は変化するはずです。

この変化に対して、「1年組み立て保険」は必要ならば毎年、保障額や保障の内容を見直すことができます。

非常に柔軟な医療保険ですので、あらゆる変化に対応することが可能です。

ライフステージが変わっていくごとに規約内容を見直すことができれば、無駄な保険料をカットすることもできます。

投稿者 友近由紀子
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術