「家族保険」という存在


医療保険に加入する段階で、もしも家庭を持っていたとしたら、加入の仕方は自ずから変わってくると思います。

個人的な保障だけではなく、家族の生活をも保障してくれる医療保険を選ぶべきでしょう。

医療保険の加入者が一家の主だった場合、彼が病気で入院、長期療養になった場合に、留守を守る家族の生活と経済的な負担を軽くするための保険に入らなければなりません。

また、怪我が多い職場ならそちらの保障も必要でしょう。

家族のことを考えれば、子供がまだ小さくて、怪我をしたり事故にあったりすることも考えられます。

そのための傷害保険も必要になってきます。

必要な保健に1つ1つ加入していくと、医療保険に支払う保険料はかなり高額な金額になってしまいます。

その対応策として生み出されたのが医療保険の中でも「家族保険」というスタイルです。

「家族保険」と言うのは、万が一、契約者である夫が死亡したケースでも、保険の契約がそのまま継続するシステムになっています。

これは、契約時に申告をした家族ならば誰もが、あらゆる病気、怪我に対して、保障してもらえる場合がほとんどです。

途中出産などで家族が増えた場合には追加もできます。

ただし、「家族保険」のデメリットとして、保険金の支給額が若干低めに設定されていることが多いので、どうしても不安に思うなら、そのポイントのみ、単独で医療保険に加入して強化するということもできます。

投稿者 友近由紀子
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術