更新型医療保険と掛け捨て型医療保険


医療保険には終身型の他に、更新型医療保険というものがあります。

終身型は1度契約をすると、一生涯契約はもちろん保障内容も有効です。

これに対して更新型の場合は、例えば、10年とか、15年とかの契約を交わし、満期になるごとに内容を見直して、契約をし直す、と言うものです。

この更新型の場合は、最初の若いうちは支払う保険料はそんなに高くないのですが、更新するたびに被保険者の年齢は当然上がっていきます。

保険料というのは、契約時の年齢によって変わって来ます。

従って、更新を重ねれば重ねるほど保険料が高くなっていくことになります。

保険料の面だけを考えるならば、掛け捨て型医療保険がいいでしょう。

掛け捨て型とは、支払った保険料が一切戻ってこない医療保険のことです。

積み立て型と比較して、掛け捨て型のメリットは、何と言っても保険料がかなり安くて済む、と言うことです。

最近ではただの掛け捨て保険ではなく、契約してから10年ごとに健康であったり、保険を1度も使わなかった場合には、10〜20万円というまとまった金額を受け取ることができる、という掛け捨て型医療保険も登場しています。

いずれのタイプの医療保険を選ぶにしても、保険料は長期に渡って支払い続けなければなりません。

今の経済状況や将来的なことも良く考えて選ばなければならないでしょう。

投稿者 友近由紀子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31305044
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術