特約の注意ポイント


従来、生命保険や養老保険のように、死亡時や老後保証のための保険に、特約として医療保険のような保障をつけていました。

つまり医療保険自体が特約であったことが多く、そのため、その医療保険につけることができる特約は、それほど多くはありませんでした。

代表的な特約の例として、死亡保障にガン特約や、入院特約、さらに傷害特約をつける、と言うものがあります。

しかし、特約保障には、注意しなければならないことがいくつかあります。

まず一つめは、主契約あっての特約保障だ、と言うことです。

主契約の契約が満期となって終了した瞬間に、特約保障も終了してしまうのです。

次は保険金の払い込みの期間なのですが、契約の時点で十分に確認しておかなければ、主契約の払い込み終了時に、高額の特約の払い込みの請求が、まとめてきてしまう、というケースもあります。

このように医療保険を生命保険などの特約にしてしまうと、主契約の契約終了と同時に、医療保障も受けられなくなってしまうのです。

また、あくまでも特約ですので、一概には言えないのですが、保障内容や、種類に満足ができる、とも言い切れません。

安心できる医療保険を求めるならばやはり、付属的に「特約」というスタイルを選ばずに、医療保険に関しては単独での契約をお奨めします。

投稿者 友近由紀子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31187493
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術