特約保険の選び方


医療保険は簡単に入りなおすことができるものではありません。

もしも経済的に余裕があるのならば、医療保険とは別に、特約保険を独立させて個別に2つの保険に加入した方が、細部にまでこだわった契約が可能になるため、最善の方法であると言えるでしょう。

しかしこういったユーザーは、極一部の限られた層になってしまい、大抵の人は2つの契約を交わすことは厳しいのが現実です。

その場合どちらを特約にするのか決定するのは、医療保険に対するニーズによるでしょう。

例えば身内にガン疾患の方が多く、自身もガンが不安だと感じているならば、ガン保険を契約してガンに対して充実した保障を組み立ててから、医療保険を特約でつければいいですし、心臓疾患などが心配ならば、医療保険にガン特約をつけることができます。

肉体を使う仕事に従事していて、ケガをする可能性が高ければ、医療保険の中でも、外科的傷害に対しての保証を十分に行った上で、特約としてガン保険をつけることをお奨めします。

大抵の場合、特約にした方の保険には、保障内容や保障金額に制限が加えられてきますので、自分にとって重要なのは、どの保障なのかを熟考した上で、メインの契約と特約とを決定して下さい。 

投稿者 友近由紀子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31160384
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術