ガン保険、単独か特約か


ガン保険に加入する場合、単独で契約するのか、医療保険の特約として契約するのか、よく考える必要があります。

よく知られている一般的な医療保険に、ガン特約を付けておけば、ガンによる入院、手術、さまざまな治療、また退院した後の通院治療などを保障してくれますし、万が一不幸にも亡くなってしまった場合の死亡保障も受けられます。

また、ガン保険であっても、医療保障を特約として契約しておけば、ガン以外の他の病気で入院した場合にも、ガンの時のように満額ではありませんが、入院時の給付金を受け取ることも可能です。

医療保険に特約でガン保険をつけるのか、ガン保険に特約として医療保険をつけるのか、あるいは単独で医療保険とガン保険と言う、
2つの保険の契約をするのかを選択することになります。

一方を特約にする場合、どちらをメインの契約にするのかで、契約の形態が変わって来ます。

細かい保障を求めるのならば、別々に2つの保険に入ることが望ましいのですが、基本的には、どちらの保険も医療保険であり、医療費の負担を軽減するものであることには、変わりがありません。

一度契約してしまうと、簡単に入りなおすことができないものですので、良く考えて選ぶようにしましょう。

投稿者 友近由紀子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31135235
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術