女性対象の医療保険


医療保険の中には女性のための保険があります。

では女性の為の医療保険とはどんな物なのか、みていこうと思います。

これは何と言っても女性特有の疾患に対する保障を徹底的に充実させた保険です。

女性特有の疾患とは主に生殖器系の疾患です。

この罹患率は男性と比較するとかなり高いものになっています。

例をあげれば、子宮がん、乳がん、子宮筋腫、さらに妊娠・出産に伴う流産や子宮外妊娠、治療の為の帝王切開などがあります。

妊娠中には妊娠中毒症や、切迫流産などの入院も考えられ、妊娠によって身体的にリスクを負うことも少なくありません。

このような女性特有の疾患に対しての保障を第一に扱っているのが、女性の為の医療保険なのです。

従来は、配偶者の医療保険を家族型にして、妻の保険をカバーすることが多かったのですが、女性特有の疾患が色々あることに加えて、従来の家族型だと給付される金額が6割程度に抑えられていました。

しかし、近年女性の社会進出と伴に、自立する女性も増加し、中には結婚というライフスタイルを選択しない女性も出てきています。

さらに離婚率の急増によって、家族型という医療保険では対応できなくなっていることも現実です。

このような社会状況で、女性専用の医療保険が生まれてくることは必然だ、と言えるでしょう。

投稿者 友近由紀子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31085245
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術