終身医療保険の選び方


終身医療保険に加入しようと決心した時には、まず色々な保険会社の資料を集めて、それぞれの保険に支払う金額や保障内容などをよく比較検討しましょう。

さらに終身医療保険には「終身払い」と「60歳払込終了」のタイプがあります。

60歳と言う設定は、一般企業や公務員の定年退職の年齢から設定されているものです。

「終身払い」は文字通り、死ぬまでずっと保険料を払い続けるものであるのに対し、「60歳払込終了」の方は、60歳になった段階で、保険料の支払いがストップするものです。

それぞれ一長一短で、保険料だけを比較するならば、「終身払い」の方が毎月の保険料はかなり安くなります。

ただし80〜90歳を越えた場合はもちろん、100歳になっても医療保険の支払いを続けなければなりません。

一方「60歳払込終了」タイプの方は、毎月の保険料は高額になりますが、例えば85歳まで元気だったとした場合でも、後半の25年は支払が一切ないことになるのです。

実際に75歳から80歳まで元気でいれば、医療保険に支払う保険料の総額は「60歳払込終了」タイプの方がかなり安くなっています。

また終身医療保険の場合、保険会社との付き合いは、本当に長い期間になります。

支払っている途中に保険会社自体が、経営不振になったり、倒産したりしないように大手の保険会社の医療保険に加入することをお奨めします。

投稿者 友近由紀子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30713449
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術