日本の医療保険の歩み


日本の医療保険の歴史は、1961年(昭和36年)の「国民皆保険」の実現から始まります。

これは全ての国民が、貧富の差別を受けることなく、いつでも、どこでも同じ治療を受けることができる、という制度です。

この制度の徹底は、日本の目覚しい発展を国民の健康と福祉、という面から支えて来たと言えます。

現在、日本の平均寿命は男女伴にトップであり、乳幼児の死亡率の低さも、世界でもトップレベルにあります。

WHO(世界保健機構)は、世界各国の健康達成度や、国民が医療を受けることができる割合などを調査して、健康達成度、として発表していますが日本は第1位の評価を受けています。

日本が医療保険に力を入れてきた背景には、1922年(大正11年)に初めて制定、公布された医療保険や、1927年(昭和2年)に施行された健康保険法などがあります。

健康保険法は関東大震災(1923年)のため施行が5年間先送りとなりました。

しかし、当時の医療保険はその対象者を労働者本人のみとして、被扶養者の存在を認めていないという限定的なものでした。

社会の近代化にともない医療保険も少しずつ生活に適応した型へと改められ、対象者の枠も広げられていってついに、「国民皆保険」が実現したのです。

しかし現代では医療保険制度を巡る環境が大きく変化しています。

少子高齢化の進展による人口構成バランスが変貌したことや、医学や医術の高度化によっておきる医療費の高額化が問題となっています。  

投稿者 友近由紀子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30562901
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術