後期高齢者医療制度の導入


後期高齢者医療制度という言葉は、誰でも一度は耳にしたことがあると思います。

2008年の4月1日から施行されたもので、認知度の低さやその前後の混乱ぶりが、毎日のようにTVや新聞に取り上げられていました。

この後期高齢者医療制度は老人医療保険と退職者医療保険が見直されたもので、75歳以上の高齢者を対象とした医療制度です。

退職者医療制度の対象となる65から74歳までの高齢者は、前期高齢者医療保険が適用されます。

例外として寝たきりなどの障害の状態にある場合は、65歳以上であれば後期高齢者医療保険の対象となります。

この保険制度は、高齢化が進む日本の医療保険制度の改革を目指して、平成18年6月21日に「健康保険法等の一部を改正する法律」によって公布されました。

従来、老人保健法と称されていたものを「高齢者の医療の確保に関する法律」と改称し、内容は全面的に改正されました。

そこでこの後期高齢者医療者制度が規定されたのです。

つまり後期高齢者制度は、既存の老人保健に代わる医療保険とされていて、各都道府県の区域ごとに、広域連合が設立され、全市区町村が加入しています。

そこで保険料の決定、賦課決定、さらに医療費の支給などの事務を行うようになっています。

投稿者 友近由紀子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30318625
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術