医療保険の範囲外


医療保険には適応外、というケースがいくつかあります。

その一つが業務上や通勤途上の怪我や疾患です。

ちょっと意外な気もしますが、この場合は医療保険の範囲外、というだけで別に全額負担というわけではありません。

労働基準法や労災保険法など法律に基づいての治療ということになり、医療費はそちらから支払われることになります。

勤務時間中であっても自分の仕事と無関係のことを自分の意志でしていて負傷した場合には、勤務時間中とは判断されませんし、通勤経路も外れてしまえば対象外です。

その他医療保険の対象とならないものとして単なる疲労や美容整形、近眼の手術、正常な妊娠と出産などが挙げられます。

ただし斜視などで仕事に支障をきたしたり、業務上周囲の人間に不快感を与えてしまう場合ならば、美容整形や、腋臭などの手術が医療保険の適応になることもあります。

その他、健康診断や予防注射なども範囲外です。

ただ予防注射に関しては、麻疹と百日咳が流行している時に限り、家族内での未罹患者に医療保険での予防注射を受けることができます。

その他にも、詐欺目的であったり、故意に事故を起こした場合、医師の指示に従わなかった場合も医療保険の対象にはなりません。

投稿者 友近由紀子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30291016
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術