老人の医療保険について


老人が利用する保険には、その人が亡くなった時に葬式代として使える死亡保険型と、入院する時や健康状態が悪化した時の治療として使える入院保険型の二種類が存在します。

一般的な老人向け医療保険は、入院保険をベースにしています。

入院保険型の老人医療保険は、ケガと病気で扱いが異なります。

ケガの場合は、契約後すぐでも保険金が下りますが、病気の場合の保険金の支払いには制限があります。

老人医療保険に入った最初の2年間のうちは、払込保険料相当額を払わなければならないということが少なくありません。

持病があるかどうかに関わりなく保険が適用されるのが、2年後からという仕組みです。

入院保険には大体の傾向がありますが、保険会社によって大きく違います。

既に入院をしているさなかに老人医療保険に入ることがあるかもしれませんが、その場合保険は使えません。

保険会社によっては、老人医療保険に入った後すぐの入院でも保険が使える場合と、一定期間が経ってから病気になった時の保険しか使えないという場合がありますので、気をつけましょう。

老人医療保険といってもすべての病気に保険金が下りるわけではなく、契約した日以降に発病した病気やケガをカバーするということが基本的な考え方です。

糖尿病や高血圧などの生活習慣病を持っている方は、それらが原因となって発症しやすい病気については保険の要項を確認しておくといいでしょう。

老人医療保険の免責規定に基づいて保険金が下りないケースが多いからです。

投稿者 友近由紀子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29612449
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術