個人年金保険


個人年金保険について紹介していきたいと思いますが個人年金保険というのは、公的にもらえる年金保険とは別で自分が老後の生活に困らないようにと用意しておく生前保障がついている保険のことをいいます。

自分が保険の契約をした際に決めた年齢から年金を受け取ることができるようになっているのが個人年金保険です。

個人年金保険といってもいろいろな種類があるのですが、たとえば保証期間付き終身年金と呼ばれるものは、年金の支払い開始の時の年金の金額があらかじめ決まっている個人年金保険です。

そして確定年金というのは、被保険者が生きている、死亡しているに関係なく、決められた期間だけ年金が支払われるというタイプの個人年金保険です。

そして保障期間月有期年金というのは、決められた期間だけ、そして被保険者が生きている時だけ年金がもらえるというもので、保証期間の間に保険の被保険者が死亡してしまったときには残っている保障期間分の年金が一時金として払われることになっています。

そして夫婦年金というものもあります。

この夫婦年金というのは、夫婦どちらかが生きている限り年金がもらえるという種類の年金です。

老後の資金が公的年金では不安だという人は個人年金保険に加入しておくと安心です。

投稿者 友近由紀子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29466648
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術