生命保険の必要性


生命保険の必要性について紹介していきたいと思いますが、生命保険は社会人になったら必ず必要だと思っている人がいると思いますが、社会人になったとしても、生命保険は必ずしも必要というわけではありません。

扶養家族がいない場合には生命保険の死亡保障は必要がないと思います。

生命保険というのは、万が一のことに備えるものですが、万が一の時、自分ひとりだったとしたら、死亡保障って必要ありますか?

たとえば自分以外に守るべき家族がいる場合には生計を維持するためにも、残された家族のために死亡保障が必要になってくると思いますが、もし自分ひとりだったら、お葬式代くらいしか必要ないわけです。

社会人になったら生命保険が必要だと思っている人も多いと思いますが、生命保険というよりも社会人で守るべき人がいないのであれば医療保険を手厚くかけることに重点を置いた方がいいと思います。

社会人になったら生命保険が必要だと思っている人は大勢いるのですが、守るべきものがない場合には自分への保障を高くするために、医療保険をかけた方がいいと思います。

生命保険の必要性を十分に考えたうえで生命保険に加入するようにしなければ損をすると思いますから注意しましょう。

投稿者 山田優
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28780369
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術