養老保険とは


養老保険というのは生命保険の中の一つなのですが、養老保険は、保障も貯蓄も両方とも持っている保険のことをいいます。

養老保険の保険期間は一定に設定されていて保険期間の間にもしも死亡してしまったときには、死亡保険金を受け取ることができますし、何もなく健康でいた場合には、死亡保険金と同じ額の満期保険金がもらえますから貯蓄として養老保険に加入している人が多いと思います。

養老保険は途中で解約した場合には解約返戻金がもらえるというメリットもあります。

しかし他の生命保険に比べると養老保険は高めの保険料ですからいくつもかけるというのは難しいと思います。

養老保険は将来の資金を貯金しながら保険に加入するといった目的で加入しておくといいと思います。

普通に貯金しながらの場合には、保障は尽きませんが、養老保険なら貯蓄しながら保障も付いてきますから貯金よりもメリットがたくさんあるかもしれませんね。

養老保険は同じような生命保険の定期保険と比べてみた時には保険料が高めになってしまいますからよく考えたうえで加入する必要があると思います。

満期になったときの保険金の使い道をある程度考えたうえで養老保険に入っておくといいのではないでしょうか。

投稿者 ポオンカレ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27486950
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク01|リンク02|リンク03|リンク04|リンク05|リンク06|リンク07|リンク08|リンク09|リンク10|リンク11|リンク12|リンク13|リンク14|リンク15
交通事故慰謝料を最大化させる示談交渉術